夜中に目が覚める

夜中に何度mも目が覚めます。
原因は、、、、冬なのに、、、暑く感じるからです。
足を布団から出して冷やしてはまた布団に入れて、、、の繰り返し。
下半身だけなんですよねー。

いろいろな原因があるようで、自分のがどれなのか分からないのですが、
嫌な感じで目が覚めることだけは事実で、なんとかしたいと思っています。

ホルモンバランスが崩れて起こる更年期障害は、比較的、
女性に多く発症するといわれています。

これが原因な場合もあるようで、、、うーん、、、そうなのかなー。

閉経の時期に卵巣の機能が低下すると(あー嫌な話だ)、
卵巣から分泌されるエストロゲンというホルモンが減少するのです。

男性の場合は、30歳前後から精巣から分泌されるテストステロンが、徐々に減少しはじめます。

それにより女性は閉経前後、男性は40代後半から発症するといわれています。 
症状は、自律神経失調症と同様ですが、
治療法に関しては、
ホルモン療法やプラセンタ療法が行われるんですと。。。

更年期障害の専門医が近いにない場合は、女性は婦人科、
男性は心療内科や神経科、泌尿器科などを受診、っと。

あなたも思い当たることはありますか??

温泉卵

温泉卵を食べました。
偶然といってはよくないのですが、温泉卵が出来たので食べた、というところです。
美味しかった!

偶然ではなくて、食べたい時に作れたらいいなと思って作り方を見てみたのですが、
案外簡単そうです。
そうだよね、偶然出来ちゃうくらいだし。

電子レンジで出来てしまうんです。
耐熱性のココット皿や小さめの深さのあるタイプの小皿に卵1個を割り入れます。
黄身の部分をようじや箸などで数カ所つついておきます。
水を卵が顔を出さない程度の量を入れ、電子レンジで1分加熱してできあがり。
途中で黄身をようじでつついておくのは、破裂防止のためです。

簡単でしょう?

こうと知ったらこれからは食べたい時に作って食べよう。
あんな美味しいものないよね(おおげさ?)。

鍋に入れておけば出来るって言う人もいて、なんだ本当に簡単なんだなって。

案ずるより???・・・あ、ちょっと違う?

難しいと思ってたものが家で簡単にできるなんてすごいことが分かって
すごい嬉しいです!

サポーター

冷えると特に、ですけど、膝が痛むのです。
しくしく。
サポーターがいいというので見てみましたが、高いし、かゆくなりそうだしで買っていません。
あれって本当にいいの?

そもそもなんで膝が痛いのか?
変形性膝関節症がいちばん疑われるのですが、
変形性膝関節症は荷重が膝関節にかかることから関節軟骨が破壊されて起こりますが、
なぜ関節軟骨が破壊されるのか、はっきりした原因は解明されていません。

ですが進行悪化しやすい傾向など、いくつかの関連すると思われる要因はあげられている。

その1つが老化。
嫌な言葉だけどね、しょうがない。
そして肥満。
私はひまんではない、むしろやせているぞーー。
それからO脚。
うーん、、O脚だ。

O脚やX脚の場合、関節に平均して荷重がかからなくて、
O脚はひざの内側、X脚は外側に荷重がかたよってかかるため、
その部分がすり減りやすくなります。

変形性関節症になると進行する過程でO脚やX脚変形していくことが多いですが、
元々O脚やX脚である場合には変形性膝関節症になりやすい傾向があります。
日本人の場合はO脚傾向の人が多くみられますよね、とーぜん。

ではどうしたらいいのだ、ということですが。
あーもう、膝が痛くて考えるのも嫌だ。

イエロー

イエローといっても、イエロー・カードとかもあるしね。
歌にもありますね、「イエロー」。

今日はそっちじゃなくて、イエロー・ジャージーのことです。
自転車競技、ツール・ド・フランスなどで言われます。

このジャージは、世界選手権チャンピオンのアルカンシェルジャージ(白地に虹色の5色)
と並んでプロサイクルスポーツ界で最も名高いシンボルといえるもの。
サッカーにはワールドカップのトロフィー、テニスには有名なウィンブルドンのプレート、
サイクルスポーツではマイヨジョーヌがその頂点です。

のジャージは総合順位の首位が着用します。
なぜこのジャージが黄色かというと、さかのぼること1903年、
第1回ツール・ド・フランスのスポンサーとなった新聞社の紙面が黄色で印刷されていたからなのだ。
なんだけど、戦争終結直後までは毎年ツールで首位となった選手達は
緑色のアームバンドを着用していたと記録にあります。

自転車競技をする人なら黄色いジャージーは誰もが一度は着てみたい色なのですねー。

イエロー・ジャージー・・・・着たいですか?

色だけでいったら、、、私は嫌だなぁ(!!!!!)。

自社アフィリ

アフィリエイトのシステムを使って物販をしたいという話があるのですが、
誰から売り上げが発生したのか分かるシステムを構築しなくてはなりません。

アフィリエイトをするには、コード(タグ?)が必要みたいで、
アフィリコードプラスとは、アフィリエイトASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の
構築・運営に最適なアフィリエイトサービスシステム。

クリック保証広告、成果報酬広告はもちろん、ティア報酬(2ティア~4ティア)やバナー管理、
限定広告、個別単価設定など細かな設定が可能で、
広告主単位で広告・成果の管理ができて、
他社ASPとの連携にも対応しておりますので、
メディアレップや広告代理店の成果管理システムとしても最適、、、ということだ。

どの会社のどんなものがいいのか、まずはここからですね。
いつもこういうのを始める時はこういうのをかたっぱしから調べて、
そして悩んで、、、

そしてやめてしまう(??)。

でも頑張らないと続いていかないのでね、頑張ろうと思います。

縁を切る

主に女性が多いようですが、旦那さんが亡くなったあとに、親族との関係が面倒で、
また介護などの責任が逃れるために、死後離婚という制度を利用して縁を切る人が増えているんですって。
そうですよねー、親戚関係っていい関係ばかりじゃない、
むしろ、、、悪いことの方が多い(??)。
親戚関係での面倒は、やっぱりこれからは介護だったりして、
子供がいたり、自分の親のことがあったりしたら、
旦那さんという人がいないのであればそう考えても不思議ではないです。
冷たいようですが。
戸籍上はそうなっても、普段は行き来をしていればいいわけですもんね。
それも嫌?えーーー?

とある人は夫の死後、夫の両親の墓や、空き家である実家の管理に悩んでいて、
遠方のため管理が難しく、義姉に墓じまいと実家の片付けを相談した。
だが「ひどいことをするわね」と批判されるだけだったとか。
結局、1年かけて1人で実家を片付け、墓も自宅近くに移したのだそうです。

ひどいことをするかどうかは置いておいて、じゃぁこの人が死んだらちゃんとしてくれてたのか。
人間はあんがい卑劣ですな。


こういう制度があるって分かっただけでも、利用できる人にとってはありがたいので記しておきました。

シンガポール経由

イギリスのロンドンからバリ島まで、シンガポール空港を使っていくとするとどうなるか
調べてみましたー。

いくつかあるようですが、夜の8時すぎに出て、
シンガポールに夜中に到着、乗り継ぎ時間はさほど悪くなく、
バリ島に夜到着します。

帰りは夜に飛び立ち、やはり真夜中にシンガポール、朝方イギリスに到着です。
ま、こんなもんでしょ。
眠いのは仕方ないね。頑張るしかないのだ、遠いんだから。
こうやって頑張らないと遠くにはいけない、昔は遠ければ遠いほどわくわくしたけど、
今は体力的にも「頑張り」が必要になってきましたーー。悲しいけど現実です。

さて、シンガポールに特に要はないけど、どうせ行くのならと少しシンガポールドルを確認、って思ってみたら、
ありましたよー、我が家にはいろんな国のお金がある。

古くなると使えなくなるのもあるからね、早く使ってしまわないといけないのだ。
お金って変化してますからねー。

皆さんも、お手元のお金はチャックしたほうがいいですよ。

プロテイン飲料

スーパーで目についたのでプロテイン飲料を買ってみました。
安くはなかったけど、思い切って買いました。
バナナ味。

美味しかったです、だからほとんど一気飲みでした。あれって本当にプロテインなのかな?
バナナとミルクのような気が。。

ジムに行くと、家からあらかじめ入れてきたであろう粉が入ってるボトルに、
ジムで水道の水を入れてしゃかしゃか降って、それを飲んでる男性がいます。
筋肉つけたいから飲んでるんでしょうね。

筋トレをしている人がトレーニング効果を最大限に引き出すためには
タンパク質を体重1キロあたり2グラム必要だと言われています。
体重が70キロの人なら1日に140グラムは必要なわけですが、
これを普通の食事からだけで摂るとなるとなかなかに大変です。

だからこういうのを利用するのでしょうけど、効果はあるのかな?

大豆を主原料としたソイプロティンは、脂肪量が少ないかゼロなので、
女性アスリートを中心に愛用されていますが、
もともとはソイプロティンが日本ではほとんどすべてでしたね。

あれ飲んで筋肉がつくなら、筋トレのあとに飲んでみようかな。
その前に筋トレしなくちゃだね。飲み物だけ飲んだって効果なんてないよねー。

アン・ブーリン

アン・ブーリンという人は、ヘンリー8世の二番目の妻です。
夫であるヘンリー8世の命令(?)というか、裁判で罪になってギロチンになった人。
でもこの人が生んだ人が、あのエリザベス1世です。

今のエリザベス2世とは違いますよ。

16世紀。
アン・ブーリンは農民から成りあがった新興貴族・ブーリン家に生まれました。
姉のメアリーは金髪に白い肌、豊満な美女であったのに、
彼女は黒髪でやせっぽちの女の子だったそうです。

ヘンリー8世は最初、姉のメアリーを愛人にしました。
ここにも子供がいますが、正式な妻との子ではないので、せっかくの男の子なのに普通の子、という位置づけでした。

すごいオンナ好きなヘンリー8世。
アン・ブーリンを処刑してすぐに愛人だった女性と結婚。
その後も次々と結婚。
6人の妻をめとったのです。

どんだけー。

ロンドン塔に行くと、時々幽霊が現れるそうですが、もっぱらこのアンの幽霊だって噂ですよ。

でも歴史の勉強になりますね。
私も映画を何度も見ました。この時代のことが分かって面白いです。


高齢者

高齢者ってどこから言うのか。
こういう問題(?)ってあとを絶ちませんね。

そんな「高齢者」の年齢が引き上げられると、
現行の定年よりもまだまだ働けるし、働くべきだということになる。
一生働いていたいと意欲を見せる人も少なくないけど、一方、"早くリタイアしたい派"の思いも強いそうです。

ちょっと意外ですけどね、そんな人がいたっていいと思う。
高齢者、っていうのを、何歳から、って決めること自体がおかしい。
個人差があるよね。
かといって、元気な人は医療費を払え、というのもおかしい。
誰でもいつかは高齢者になっていくのだ。

若くても身体の具合が悪い人もいる。医療費は、こういう人にちゃんといきわたるようなシステムにしてくれないと困るぞー。

と、ここでいってもしょうがないのですがね、言わずにはいられないですね。
それでも、選挙権のある日本の国民の皆さんなら、
こういうことも考えて政治を盛り上げていかなくてはいけないのだ。
日本、もっと頑張ろうよ!